fbpx

トヨタのサプライチェーンが標的に!!愛知県の小島プレスが被害

トヨタ自動車が急遽、明日3月1日、国内全ての工場を停止すること発表しました。

部品を仕入れている会社がサイバー攻撃を受けたとみられる影響で、

トヨタ自動車は、部品の仕入先の会社がサイバー攻撃を受けた可能性があり、部品の納入が一時的に管理できなくなったことが理由です。

国内の全ての工場停止するのは国内14工場で28の製造ラインの稼働を停止します。

サイバー攻撃を受けたとみられるのは、合成樹脂や電子部品を製造する愛知県に本社がある小島プレス工業で、部品の供給を管理するシステムに影響が出たためです。

またいつ頃の復旧になるか目処は立っていないようです。

トヨタ自動車が国内全工場を終日停止した問題では、システムがダウンした取引先の部品メーカーでウイルスと英語の脅迫メッセージが見つかった。ロシアや中国と西側諸国の対立が強まり、経済安全保障の重要性が叫ばれる中、企業はサイバーセキュリティ―についても供給網(サプライチェーン)全体の管理が求められている。

トヨタ全工場停止、供給網にサイバー攻撃リスク 下請けの対策に課題 出典:ロイター

お問い合わせ

ブログの内容や会社のITのことでお困りごとがあればお気軽にお問い合わせください

PAGE TOP