fbpx

リモートワークについてあらためて考える!!メリットデメリットや導入の障害について解説

オミクロン株によってコロナ感染者が急激に増えています。

改めてリモートワークを導入ししているという企業も増えてきているのではないでしょうか。

弊社も出来る限り、リモートワークの時間を増やしていますが、やってみてはじめてわかるメリットやデメリットなどがあります。

今回は改めてリモートワークについて考えてみたいと思います。

コロナ禍によって変わった働き方

一昨年からのコロナ禍によって、企業を取り巻くITの環境や、働き方に対する考え方は大きく変わりました。

それまで一般的に、仕事は会社で行うもの、商談や会議は対面で行うことが当たり前でした。

しかし今ではzoomに代表されるようなリモートワークに役立つツールが当たり前に浸透しています。

リモートワークの導入率も1回目の緊急事態宣言時には17.6%から56.4%へと一気に上昇しています。

企業のテレワーク実施率 出典:総務省

しかしそれでもまだ半分。

さらに緊急事態宣言が終わり感染数が落ち着いてくると、それにともなってリモートワークの導入率も下がってくる傾向もあるようです。

導入の難しさ

リモートワークの導入には様々な障壁があります。

業種毎の導入率のばらつき

業種ごとのリモートワーク導入率 出典:総務省

上記のデータを見てもわかるように、業種によって導入率はかなりばらつきがあります。

やはりリモートワークに欠かせないITツールを普段から使いこなす「情報通信業」は高い導入率となっています。

逆に「医療」や「飲食サービス」など、集客してその場所でサービスを提供するような業種は導入率が低くなっています。

これは事業の形態状どうしても「場所」を選べないという理由があると思います。

さらに同じ会社の中でも、部署によってハードルの高さが変わってきます。

パソコンがあれば仕事ができる事務方はリモートワークを導入しているけど、設備が必要な製造部門はどうしても会社に来て働かなければならないという会社もあります。

実は場所を選べないリモートワーク

いざ始めてみるとリモートワーク=「どこでも働ける」というわけではないことに気づきます。

  • 自宅では家族の理解が得られない
  • Web会議などを行うため、静かな場所でないとできない
  • カフェに入ったら、Wi-Fiや電源がなかった
  • 会社でセキュリティルールが決まっていて、公衆Wi-Fiに繋げない
  • まわりの雑音が気になる
  • 喫茶店に入ったら机が低すぎてパソコンが使いづらい

さまざまな理由でリモートワークを導入しても働く場所が限定されている方も多いと思います。

システムなどの設備的な問題

特にここ数年で、さまざまなサービスがクラウド化しています(SaaS)。

とはいえまだまだ基幹システムや販売管理システムなど、セキュリティ上の問題などで社内にデータを保管している会社も少なくありません。

その場合VPNなどで外部からアクセスしてシステムを使うことができない場合もあります。

このように仕事をする上で欠かせない自社のシステムがリモートワークへの足枷になっているケースも少なくありません。

経営者の判断

何より決定的なのは「経営者の判断」です。

現場のスタッフがリモートワークを望んだとしても、経営者の決定がなければ、導入することができません。

経営者は様々な要因を判断材料としていると思います。

新たにノートパソコンの購入が必要だったり、システムの改修にコストがかかったりすることもあります。

また、これまでチームで行っていた仕事を個人でこなせるか、そして個人の管理で生産性は下がらないか(要は従業員がさぼらないか)を気にされる経営者もいます。

テレワークのメリット

テレワークには、導入するまでの様々な障害があるのも事実ですが、実践してみれば多くのメリットがあることを弊社も実感しています。

時間

もしも、会社と自宅で全く同じ条件で仕事ができるなら、通勤時間がまるまる浮きます。(これをさらに仕事に当てるか、余暇にするかは別として)

また、営業マンの方などはこれまで社内でしかできなかった業務が外出先でできるようになれば、かなり時間の短縮につながると思います。

直行直帰でも業務が滞らない状態になれば、これまでより他のことに避ける時間が増えると思います。

生産性

環境が変わることをうまく利用すれば、生産性を上げることができます。

社内だと、気軽に頼まれごとをされる(話しかけれる)こともあるかもしれません。

仕事の内容にもよりますが、社内で行うよりも、一人の環境で行う方が向いているものもあると思います。

一人で黙々と行う作業やじっくり考えることが必要な中長期の計画立案、リラックスしてやりたいクリエイティブな作業などは環境が整えられるなら、リモートワークが向いているかもしれません。

リモートワークにおいて環境より重要なこと

環境が変わっても、変わらぬ重要なことは仕事を完遂させることです。

どこでも仕事ができる状態をつくる

  • 会社に戻らないとメールが確認できない
  • 会社に戻らないとFAXが送受信できない
  • 社内LANでしかセキュリティの管理をしていない
  • 対面でないとチームの進捗状況が把握できない

リモートワークに限らず、スマホが普及しどこでもインターネットが繋がる現在では上記のような障害を取り除いて仕事ができるようにするのが理想です。

またセキュリティ面では、リモートワークを導入するのであれば必要な範囲は社内LANだけにとどまりません。

外出先で使う端末やネットワークも含めてセキュリティの管理が必要になります。

意外と重要なのは心構え

自宅で仕事をすると(監視がないため笑)ダラダラと集中力が保てない状態に陥りがちです。

あくまでも仕事をする上で重要なのは、ツールや環境の問題ではなく心構えだと思います。

目標を決め、集中できる環境をつくり、どんな環境でも仕事をやり遂げるには何よりも心構えが重要になります。

まとめ

今後も、コロナ禍等の世の中状況の変化や、5Gや様々なITのツールの登場によって働く環境はどんどん変わっていくことが予想されます。

弊社でもリモートワークを実践して実感していますが、少しでも働きやすいように、また少しでも成果に結びつくようにするための創意工夫は会社を強くしてくれます。

今後も我々自身が日々工夫し、少しでも役に立つ情報を発信できればと思います。

お問い合わせ

ブログの内容や会社のITのことでお困りごとがあればお気軽にお問い合わせください

PAGE TOP