fbpx

「しまむら」にサイバー攻撃!!またもや「LockBit2.0」か!?

3月に起きたブリヂストンへの攻撃に続き、またもや「LockBit2.0」による被害です。

5月11日、衣料品チェーン大手のしまむらが、不正アクセスによるシステム障害が発生したと発表しました。

5月4日夜に社内ネットワークのシステム障害が発覚し、しまむらはその後被害の拡大を防ぐため、5日に店舗でのキャッシュレス決済を停止。

6日には安全性が確認できたためキャッシュレス決済は再開しようです。

しかし、5月11日現在も、グループ全店(約2200店舗)で、店にない商品の取り寄せができない状態が続いています。

3月のブリヂストンと同様、「LockBit2.0」が、犯行声明を出していることからランサムウェアを使った攻撃と見られます。

「LockBit2.0」はしまむらのデータを盗み取ったと主張していますが、現在のところ、個人情報などの流出は確認されていないようです。

ランサムウェアは身代金を要求するタイプのマルウェアですが、仮に企業が身代金の要求に応えなかったとしても、ブリヂストンやトヨタのように工場の稼働停止などにつながれば、甚大な被害を被ります。

またもや自動車産業が標的に!?ブリヂストンにサイバー攻撃!! 

今回のしまむらの被害も、最近の「LockBit2.0」による被害同様、例え身代金を支払わなくとも企業にとって甚大な被害をもたらしています。

お問い合わせ

ブログの内容や会社のITのことでお困りごとがあればお気軽にお問い合わせください

PAGE TOP