fbpx

なぜSSDはHDDより速いのか

最近では普通に見かけるようになったSSD搭載パソコン。

弊社でパソコンを販売する際も、HDDではなくSSDを搭載したものをというご要望をよくいただくようになっています。

今回の記事ではSSDとは何なのか。

SSDを搭載しているパソコンはなぜ早いのか、その仕組み等についても解説していきたいと思います。

SSDとは

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略でHDD と同じように記憶装置としてパソコンに用いられます。

HDDとの違い。

HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略です。

その構造は中にデータを記録するためのプラッタと呼ばれる磁性体が塗られた円盤が入っており、磁気ヘッドでその円盤にデータの書き込み、読み出しをする仕組みになっています。

円盤は高速で回転しているので使用していて円盤が回転しているときに大きな衝撃が加わるとプラッタとヘッドが接触して破損したりデータを喪失してしまったりすることがあります。

また、HDDに内蔵している円盤は直径が2.5インチや3.5インチタイプのものがあり、サイズ表記にある2.5インチ3.5インチの表記はこの円盤のサイズを指しています。

HDDは回転するパーツで構成されているので、物理的に機械が動く仕組みになっておりそのため読み書きにかかる時間が長いことも特徴として挙げられます。

SSDのしくみ

それに対し、SSDはメモリーチップを媒体にした記録の見出しを行う装置です。

仕組みとしてはUSBメモリと同じく半導体メモリを使っています。

そのためHDとは違い物理的に中で機械が動く事はありません。

Solid Stateを直訳すると「個体の状態」。

まさに物理的には動かず、記憶装置として使われています。このことがSSDの読み書きの速度が速い大きな理由となっています。

SSDのメリットデメリット

HDDに比べたSSDのメリット

  • 衝撃に強い
  • 発熱が少ない
  • 消費電力が少ない
  • 作動音がない
  • サイズが小さい
  • 軽い

HDDに比べたSSDのデメリット

  • 容量あたりの単価が高い
  • 突然故障することがあり、データの復旧がHDDに比べて難しい

まとめ

いかがでしたか?パソコンにはCPUやメモリなど重要な構成要素がありますが、速度という面からみると記憶装置は最も重要な構成要素だと言えます。CPUやメモリはそれなりのスペックのものを使っているのに、パソコンの速度遅いという方は、記憶装置がHDDなのかSSDなのか確認してみてください。

お問い合わせ

ブログの内容や会社のITのことでお困りごとがあればお気軽にお問い合わせください

PAGE TOP