fbpx

IT用語をわかりやすく解説! Vol.6 リモートワークに欠かせないVPNとは?

昨年からの新型コロナパンデミックの影響で企業を取り巻くITの環境は大きく変わりました。

数年前まではそれほど浸透していなかったリモートワークが、働き方改革の推進などと相まって、当たり前に行われるようになりました。

リモートワークの際、必要になってくるのが、拠点間でデータを共有したり、外出先または従業員の自宅等から社内のデータにアクセスすることです。

ネットワーク技術によって、利便性を得られた反面、情報セキュリティーの面から見ると悪意のあるアクセスによるデータの盗難や改ざんなど、危険と隣り合わせの一面もあります。

そこで利用されるのがVPNです。

VPNとは?

VPN=「Virtual Private Network」

「仮想専用回線」と訳されたりします。

通常インターネットに接続すると様々な回線、サーバー、端末を経由します。

それは同時に情報を盗み見る側からすれば多くのチャンスがあることを意味します。

そこで企業が拠点間などで情報の共有などやりとりをする時、専用の回線を使い、2つの場所を直接つなぐことによって、様々な脅威から情報を守るということが必要になります。

しかし物理的に専用線を引こうと思うと、膨大なコストがかかるため、既にある公衆回線を使って仮想的にネットワークを作るのがVPNです。

VPNの仕組み

2つの場所をネットワークでつなぐとき、安全に接続するためには1本の物理的な専用線を引くことが最もシンプルですが、コストがかかるためVPNを使います。

VPNでは公衆回線の中に仮想的な2つの場所を直接つなぐ回線を作るため、物理的には普段から使っているインターネット回線を使いますが、VPN専用ルーターなどを設置して、2つの場所のそれぞれの社内ネットワークを直接つなぎます。

なぜ仮想的に専用線が構築できるかというと、暗号化などセキュリティー対策がとられているためです。

イメージとしては、複雑なインターネットの中で、2つの拠点間を直接結ぶトンネルを暗号化によって構築し、その2つの拠点以外からは覗けないようにするようなものです。

VPNで業務効率化

VPNで接続する形として、拠点間接続とリモート接続があります。

リモート接続を使えば、拠点間同士の接続だけでなく外出先でコンピューターやスマホタブレットなどから、VPNで社内ネットワークの接続が可能になり、今まで社内にいないとできなかったバックオフィスの業務が外出先でもできるようになります。

またそれ以外にも業務を効率化させる上で様々な使い方ができます。

  • 外出の多い営業マンが、社内にある資料にアクセスできるようになる
  • 事業の進捗など、複数の人員で更新されるデータが、場所を問わずリアルタイムで編集閲覧ができるようになる
  • 外部の委託先など、社外とネットワーク上で一部のデータだけ共有する
  • PCファックスを使って、自宅にいても会社のファックス番号から書類を送れる。

セキュリティーの面だけでなく、業務効率化に置いてVPNは大きな役割を果たしてくれると思います。

まとめ

新型コロナの影響で、否応なくリモートワークを導入された企業も多いかと思いますが、実践してみると業務効率化やコスト削減の面でリモートワークは様々なメリットがあります。

新型コロナによる非常事態が収束しても、リモートワークを支えるネットワーク技術、VPNは今後企業にとって当たり前のインフラになるかもしれません。

弊社のお客様でも、今後の働き方が変化していくということを見越した上で、VPNの構築を依頼されるケースが非常に増えています。

そろそろリモートワークをしなければという方や、もっとパソコンやネットワークを使って業務を効率化したいという方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ブログの内容や会社のITのことでお困りごとがあればお気軽にお問い合わせください

PAGE TOP